ペットとの別れ

犬の散歩

長く共に過ごしたペットは飼い主さんにとって家族同然といえるます。
そんな愛するペットが亡くなった時、人間のようなお葬式を行ったり、きちんとしたお墓に入れてあげたいと思う飼い主さんは少なくありません。
ペットの重要性が高まった現代では、ペット葬儀やペット霊園を扱う葬儀社が増えてきています。

ペット火葬には合同火葬と個別火葬があります。合同火葬では他のペットと遺骨が交じり合ってしまうため、火葬後ペット霊園に遺骨を収めたい場合は個別でのペット火葬を選択してください。
ペット火葬ではお花やペットフード、お手紙などに加え、布製のおもちゃや首輪なども一緒に火葬することができます。
ペット火葬は火葬場だけではなく、火葬設備を備えた移動火葬車でも可能です。
自宅まで火葬車に来てもえるので、ペットとの思い出の場所で火葬に立ち会うことができます。
ペット霊園にも共同の墓地と個別墓地の区別があります。
個別墓地では人間と同様に墓石に名前を刻めます。
納骨堂のあるペット霊園もありますが、期限付きであることが多いためご希望の場合は事前に確認して下さい。
ペットを手厚く葬ることは、決して単なる人間のエゴではありません。
ペット葬儀はペットの死を悼む大切なお別れの時間であり、ペット霊園は死後も飼い主とペットの間を結ぶ絆なのです。
ペット葬儀による十分な供養には、飼い主のペットロスを和らげる効果も期待できます。

ペット葬儀が飼い主と天国のペットを新しい絆で結びます。

ペットが亡くなったら

悲しむ女性

大切に飼育されていらしたペットが亡くなった場合、まず飼い主としてはとても言葉では言えないような悲しみが溢れてくることと思います。
沢山の思い出を作ってくれた大切な家族の一員のような存在だったペットの為に、最後にしてあげられることは何かを考えてみたいと思います。
まず、亡くなったペットをダンボール箱の中にタオルのようなものを入れてなるべく暖かい場所にはおかないように特に暑い夏などは体を傷めないようにしてあげたいものです。
又、それと同時に準備することとしてはペット葬儀や、ペット火葬、ペット霊園などを調べてみられる方も多いのではないでしょうか?ペット霊園でペット火葬をお願いする場合、電話でまず予約が必要になることが多いようです。
準備するものとしては、ペットが愛用していたオモチャや大好きだったお菓子などを一緒に持っていけばよいと思います。
ペット火葬の際、火葬ができない品物もあるそうですのでペット霊園や、ペット葬儀屋さんに予めお聞きしておくとよいかと思います。
又、ペット火葬が終了しましたら、ペット霊園によってはお通夜や、初七日、四十九日、火葬したペットの遺骨を自宅、又は納骨堂で供養する方法のご説明があることもあるかと思います。
ペット葬儀場によってはお骨を預かっていただくシステムもあるようですので、ペット葬儀で気になる点は先にお伺いしておくとよいでしょう。

その他、ペットが亡くなった場合は土葬をするか自治体に依頼する方法などもあるそうですが、最近では環境問題もありますので、土葬する場合でも火葬してから埋葬する方法が主流になりつつあるようです。

霊園にも特徴が

泣く女性

火葬が終わった後ペット霊園に遺骨を入れる場合ペット霊園も選ばなくてはいけません。
ペット霊園も様々な所があり、場所の景色や自宅からの距離なども重要になってくるところです。
ペット霊園にも火葬と同じく個別で納骨する場合と合同で納骨する場合があるのでこれも比較検討した上で決定するのがいいでしょう。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
August 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031